省エネ/節電チェック情報「空調編①」|節電テクニック|最新の電力事情を紹介するコラムです

最新省エネ事情

節電テクニック

掲載日:2017/04/07

省エネ/節電チェック情報「空調編①」

省エネ/節電チェック情報「空調編①」

オフィスや店舗の電力使用量は、
空調(エアコン、換気システムなど)の占める割合が非常に大きいことはご存知でしたか?

そのため、
電気代を削減するには空調に掛かる電気代を抑えることがポイントです!

今回は「空調設定温度の見直し
についての情報です。

「そんなの知ってるよー」と、聞こえてきそうですが
改めてご確認ください!

環境省によると…
【冷房時】
設定温度を1℃高く↑すると…約13%の消費電力の削減!
【暖房時】
設定温度を1℃低く↓すると…約10%の消費電力の削減!

になると言われています。

改めてこの数値を見ると如何ですか?
もう時期、2017年度のクールビズ実施期間の発表が、環境省から発表されると思います。
(2016年度のクールビズ実施期間は5月1日から9月30日でした。)
これから暖かく(暑く)なりますので、初心に戻って節電の意識を上げていきましょう!

環境省が、推奨するエアコン冷房時の設定温度の目安は28℃です。
「そんなの無理」と、私も思っていましたが、
サーキュレーターや扇風機などを併用して
空気を循環させたり、窓の外によしずを立て掛けて
日光を遮断などの工夫をすることで、
28℃設定でも涼しく快適に過ごすことが出来ました!

記事一覧へ戻る

無料で使用状況を診断

調査依頼メールフォーム

電話でのお申し込み

無料調査で事前に効果をしっかり説明いたします!

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL