電力スポット価格の急増|最新省エネニュース|最新の電力事情を紹介するコラムです

最新省エネ事情

最新省エネニュース

掲載日:2018/02/09

電力スポット価格の急増

電力スポット価格の急増

先日の関東地方での記録的な大雪などの影響もあり電力の卸売市場でスポット価格が急上昇しております。
今回は電力スポット価格の急上昇の要因と今後の価格変動についてです!

電力市場の近況

JEPXについて

市場経由での電力調達が高まっていることで今後もスポット価格は高水準を保っていく可能性が高まる可能性が高くなっていくと予想されています。
※2017年1月の平均と比較して8割ほど高く約3年ぶりの高水準値となっています。

関東地方では1月22日から大雪となり、24日も広い地域で積雪が残っていました。
特に17時以降の帰宅時に部屋を暖めるためなどで電気の使用量が高まると見込まれ、午後5時半渡しの価格はなんと35円を超えるまで上昇しています。また、太陽光発電では積雪の影響を大きく受けるため市場での買いが強まった要因であると考えられています。

今後の価格の推移

今後も北日本や西日本の日本海側を中心に大雪になるというという予報が出ているため、昨年以上の価格の高騰が今後も予想されます。
一方で取引量は過去最高を更新するなど市場の取引は拡大していっています。
液化天然ガスの燃料価格も上昇していることもあり、燃料のほとんどを輸入に頼っている日本は電気を安定して供給していくうえでも電気料金の上昇もはやむを得ない判断なのかもしれません。


この冬の電力スポット価格にはさらに注目していきたいと思います。

記事一覧へ戻る

無料で使用状況を診断

調査依頼メールフォーム

電話でのお申し込み

無料調査で事前に効果をしっかり説明いたします!

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL