作る・使う・管理するで、企業の省エネを最大化。

全国対応

0120-965-367
受付時間 平日9:00〜19:00

お問い合わせ
MENU

エネルギー管理システム「EM CLOUD」

エネルギーの見える化から費用削減、経営資源への投資を実現

エネルギー最適化プラットフォーム「EMCLOUD」

EM CLOUDは、電力や水、ガス、重油などの使用データや温度や湿度の状況などを素早く自動で集計し、見える化します。
そしてそのデータからどこをどれくらい削減すべきかがわかります。
そうすることで過剰なエネルギー使用を最適化し、省エネすることでできた削減を投資や寄付などの社会活動へとつなげることができるのです。

エネルギーの見える化で、現状の活用状況が一目瞭然

オフィスや工場の設備などは、費用対効果や減価償却、BS、PLの観点で管理ができている一方、エネルギー(資源)管理については無駄遣いをしていることはわかっているが、何が無駄かわからないという状況でした。EM CLOUDならエネルギーの見える化をして、そのデータに基づいた管理が可能なのです。

可視化と監視

EM CLOUD導入により、複数店舗のエネルギーデータを集計して一元管理ができるようになります。
リアルタイムなデータで、管理・制御を行うことができるので適切なエネルギーの運用が可能になるのです。

導入前 導入後

初期導入費用は無料

EM CLOUDは削減効果が明確に分かりますので、月額利用料は成功報酬のみです。

センシング技術とIoT技術の
融合で確実な
エネルギー対策を可能に

EM CLOUDはセンシングしたエネルギーをIoTによりリアルタイムにデータ管理をすることで、確実なコスト削減を可能にします。

様々なテクノロジーとの連携

AI BIG DATA IoT

「IoT」によりエネルギーの見える化をして、取得した「ビッグデータ」を活用、「AI」により的確な省エネ対策を自動で行うことや、様々な取組みへの活用が可能になります。

※HACCP方式との連携
2020年6月からHACCP衛生管理が義務化されました。
取組みの一つとして、冷蔵・冷凍庫などの食品管理状態を継続的に監視・記録をすることが必要になります。温度のセンシングによる、食品衛生管理の「見える化」をして効率的なHACCP方式の運用をお手伝いすることもできます。

コスト削減したものを、
新たな経営資源へ
投資しませんか?

フィンテック

エネルギーのデジタル化で削減できたコストを、EM CLOUDに貯める、運用することが可能。削減額から貯金・投資をしてみませんか?

エアーテック

空気の状態をセンシングして、見える化。より安全で清潔な空間の提供を可能に。削減できたコストから最新の省エネ機器導入も可能。

SDGs

SDGsに取り組んでいる団体をプラットフォーム化。無駄遣いしていた電気料金を有効活用。持続可能な取組みをしている団体に賛同支援。


ご相談の流れ

私たち“エネトク”のサービスは事前に効果を明示し、
それが達成されたら支払いを行っていただく安心サービスです。

  1. STEP1

    お問い合わせ

    調査/
    コスト削減額見積もり/
    施工額見積もり

  2. STEP2

    ご検討

    発注決定/
    ご契約/
    施工スケジュール策定

  3. STEP3

    施工

    設置工事/
    動作確認

  4. STEP4

    ご利用

    助成金申請/
    運用サポート