株式会社ユハク|その他|これまでに導入いただいた企業様の紹介や声を掲載しています。

実績・導入事例 株式会社ユハク

株式会社ユハク

株式会社ユハク

代表である“仲垣友博”の名前から、'友博'を音読みに変化させた呼び名'ユウハク'、それをアルファベットに置き換えた『YUHAKU』から名付けられた。(仲垣様が元々絵描きを目指しており、その際に用いていた雅号でもある。)

2006年4月、ビスポークの靴、鞄、革小物、ベルトを製作する工房「ameno spazio (アメノスパッツィオ)」を開設。
3年後の2009年7月、現在の株式会社ユハクに改組し『YUHAKU』をリリースするに至る。

「YUHAKU」とは色の美しさから人々の心を豊かにするブランドであると考え、革のブランドだとは思っていない。
革と向き合う時の思いについてお聞かせください。

仲垣様 絵の場合は相手がキャンバス。同じ製品であれば同じように色が反応しますよね?ただ、革は生き物。個々に違いがあり、対話をしながら染めていかないとキレイに染まらないんです。同じように染めていても全然違う。1枚の絵を描くような感覚で、モノを作るというより描くイメージ。一般的に言う職人というよりアーティストがやっている感じです。

「YUHAKU」の一番の強みは【色】なので、革製品についてはこれからも一人一人の個性を活かして、よりアート路線に走った商品を出していきたいと思っています。

今の工程に行きつくまでは紆余曲折があったのでしょうか?

仲垣様 うーん。少しずつマイナーチェンジ、という感じですね。一番最初の時と比べると工程数はだいぶ増えていると思います。一年スパンぐらいで工程は変わっていきますね。それが失敗することもあります…。
もちろん仕上がりの問題ではなく、「失敗=生産性」の問題なんです。どうしても、一つ一つが手作業なので、出来る限り供給を増やそうと考えている中で想定以上に時間が掛かってしまったり…。
今でも品質を落とさずに時間の短縮をする事が一番の課題です。

かなり強いこだわりをお持ちとの事ですが、面白いエピソードはありますか?(笑)

仲垣様 傘や目覚まし時計とかですかね。(笑) 小学生時代に親が勝手に買ってきたものが全然気に入らなくて…。壊しましたね…。今思えば凄く申し訳ないと思ています。(笑) とにかく、自分で決めたものでないと嫌なんです。極端に言うと自分が気に入る物が見つからなければその物自体がいらないぐらいです。今はある程度薄れていると思いますが、まだ周りからは言われています。(笑) あとは、気に入ったものしか身に着けたくないので、気に入った服や帽子は2着は持っています。よく勘違いされますが、決して毎日同じ服を着ているわけではありません。(笑) 高校生時代から市販で買った服を自分で裁縫をしてアレンジしてしまうぐらいこだわりは持っています。

あとは…色々とやんちゃをしてきましたので話せない内容が多いです。勘弁してください…。(笑)

仕事に向き合う考え方を教えてください。「遊び心」もどこかにあるのでしょうか?

仲垣様 そうですね。半分は遊び心もあります。キレイに色を着けようというより、楽しんで色を着けよう。という感じです。でも、やはりビジネスの面もあるので、大量生産をしなければいけない時は少し苦に思うことはあります。産み出すことは大好きなのですが、同じことの繰り返しになると…。

ただ、辞めようと思ったことはありません。以前に別の業界で出会った方から「君も他の人には出来ない仕事をやっているでしょ?それなら辞めてはダメだよ。今まで買ってくれた人を裏切ることになるから。一度始めたらどんな事があっても続けなければいけないよ」という言葉がきっかけになっています。

モノづくりの業界では“自分を出したい”という人も多くいます。そうではなく、決して自己満足にならないよう、使用してくれる人がいて初めて成り立つものだと思っています。とにかく、私たちは使用してもらうお客様はもちろん、職場のみんなやメーカーさんなど「YUHAKU」に関係する皆さんの立場に立って全てのことを考えるようにしています。

お客様の声

やはり繋がりがある人から(仲垣様と弊社代表がお知り合い)というのが一番の理由です。同じお金を支払うのであれば大切にしてくれている人にお支払いしたい。他の会社の方を知らないので。

エネとくNAVIの営業担当より

仲垣様は、実際に革の生産地へ出向き、どの命を頂いているのかという所まで確認し、仕事をされているとの事。全てにおいて感謝されて仕事に取り組む姿勢に感銘をうけました。今後自分自身、お客様や自分に関わる人への接し方を改めようと思います。

実は、中垣様にはもっと多くのご質問をさせていただきました。
☆インタビューの続きはこちら

企業情報

企業名 株式会社ユハク
業務内容 2006年、オーダーメイドの革製品の製作を行うアトリエ『ameno spazio』を横浜に開設。
革製品の製作と共に革染色の研究に没頭。違う角度から革を知ることで、
絵画の技術を応用した独自の染色技術が生まれることとなる。

2009年、オリジナルブランド『yuhaku』を始動。
同時に株式会社ユハクとして改組。
色を引き立てるための 引き算のデザインと、建築の知識より生まれる独自の設計。
素材への飽くなき追求より生まれるブランド『yuhaku』。
想像し創造する信念の元
手染めの技術を日々進化させ、職人の育成にも力を入れている。
企業HP http://www.yuhaku.jp/

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL