作る・使う・管理するで、企業の省エネを最大化。

全国対応

0120-965-367
受付時間 平日9:00〜19:00

お問い合わせ
MENU

デマンド制御

オフィスビルや工場、商業施設などで消費電力の大きな割合を占めている空調機 当社のデマンド装置は空調機に設置するだけで消費電力を15〜20%確実に削減します!

最大デマンドの発生を
監視・制御し、
契約電力の減少を可能にします

基本料金に直接かかわるデマンド値(最大需要電力)を監視・制御することで電力のピークカットを行う装置です。オフィスビルや工場、商業施設等では電力使用量の大きな割合を空調機が占めています。

当社のDCSは空調機に設置するだけで消費電力を15~20% 確実に削減します。

また、あらかじめ室内環境の快適性を損なわないようにスケジュールを組み、安定的に省エネ運転を実施いたします。

デマンド制御(DCSシリーズ)
システムとは

いくら最大デマンド値を下げたいと思っても、お昼間の照明設備やOA機器、生産ラインの負荷設備を停止する訳にはいきません。DCSシリーズでは、冷房・暖房で使用されるエアコンの稼働を自動制御することにより最大デマンド値を低減します。

DCS分散制御システム

大規模なプロセス制御対象に対し、複数のコントローラで協調・統合した制御をする装置になります。
コントローラにはマイクロプロセッサ(MPU)を使用し、1台あたり1~数100ループの制御が可能です。
DCSの制御対象は主に流体で、その圧力・流量・温度などを制御します。
このコントローラ同士を制御ネットワークで接続し、大規模なプラントの操業を実現します。

機能紹介

コンプレッサー保護システムと通常運転優先機能より、稼働状況を常時監視し、コンプレッサーを傷めないように最適なタイミングで制御することが可能であるため、空調機メーカーやメンテナンス業者の方にも安心して提案していただけます。

オフィスビルや工場、商業施設などで消費電力の大きな割合を占めている空調機 当社のデマンド装置は空調機に設置するだけで消費電力を15〜20%確実に削減します! オフィスビルや工場、商業施設などで消費電力の大きな割合を占めている空調機 当社のデマンド装置は空調機に設置するだけで消費電力を15〜20%確実に削減します!

主な機能

基本的制御機能

30分間を1時限とし、設定された制御率・制御回数で空調機/冷凍機を制御します。
※制御率は0%、10~50%、100%の設定が可能です。
※制御回数は1回もしくは2回。
※同室内に空調機が複数設置されている場合、複数の空調機を同時には送風状態にせず、時間を分けて制御します。

通常運転優先機能

制御対象の空調機が長時間停止している場合、室内温度(環境)が変化してしまいます。
この場合、室内温度が設定温度に早く到達できるよう、再起動後の一定時間は制御を行いません。

導入のメリット

1.導入後すぐに電気料金に反映

基本料金に直接かかわるデマンド値(最大需要電力)を監視・制御することで電力のピークカットを行う装置です。オフィスビルや工場、商業施設等では電力使用量の大きな割合を空調機が占めています。
当社のDCSは空調機に設置するだけで消費電力を15~20%確実に削減します。
また、あらかじめ室内環境の快適性を損なわないようにスケジュールを組み、安定的に省エネ運転を実施いたします。

2.施設の快適さを維持

DCSシリーズは30分に1度、4分30秒間空調機を送風状態にします。この場合、室温変化は0.3~0.9℃となりますが、体感的にはほとんど感じることのない範囲です。よって環境変化を起こさず消費電力の削減が可能です。

3.低コストで更なる基本料金の削減

DCSシリーズ制御システムの活用により、現在使用されているデマンド監視装置又はデマンドコントローラーとの併用も可能です。

4.レンタル可能

設備導入の「リスク」を限りなく抑えた「省エネ機器レンタル導入」という新しいスキームを開発したことにより、資産を持たずに、省エネルギーの実現が可能になりました。
環境対策や省エネ機器の導入は、「導入にコストがかかる」といった固定概念を打破することで、「省エネ」を企業経営と地球環境の両側面からバックアップします。

個人の方から法人の方まで、DCSシリーズを導入することで様々なお客様が基本電力の削減に成功しております。
導入後からメンテナンスまでワンストップでサポートするのでご安心ください!
また、初期費用0円での導入も可能なのでお気軽にご相談ください。

導入事例


ご相談の流れ

私たち“エネトク”のサービスは事前に効果を明示し、
それが達成されたら支払いを行っていただく安心サービスです。

  1. STEP1

    お問い合わせ

    調査/
    コスト削減額見積もり/
    施工額見積もり

  2. STEP2

    ご検討

    発注決定/
    ご契約/
    施工スケジュール策定

  3. STEP3

    施工

    設置工事/
    動作確認

  4. STEP4

    ご利用

    助成金申請/
    運用サポート

導入前のよくある質問

Q1.設置工事はどのようなものですか?

DCSはティッシュペーパーの箱程のコンパクトなサイズで、各室外機 (コンプレッサー部分が室内機の場合は室内機に取り付け) に取り付けます。
エアコン個々の電源を順次落としますが照明などの停電は行いません。

Q2.制御ができない機種はありますか?

現在、様々なメーカーから多種多様な機種が出ております。その内の約5%が制御に適さない機種となります。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。

Q3.エアコンや冷凍冷蔵機の寿命に影響はないですか?

市販はしておりません。
低圧契約をされているお客様には多様なご利用形態があり、安全かつ正確な調査内容を基に導入する必要があるからです。

Q4.設備 (機械) の力が弱くなることはありませんか?

電圧に働きかけることはいたしませんので、
設備(機械)の力が弱くなることや、設備(機械)自体が動作しなくなることはありません。

Q5.室内温度が上がり余計に稼働して省エネにならないのでは?

エアコンの温度サーモは実際には±1.5℃の誤差があり、1℃以内の温度上昇で室温を下げるための追いかけ運転は起こりません。