日本ではなぜ再エネの普及が進まないのか?|最新省エネニュース|最新の電力事情を紹介するコラムです

最新省エネ事情

最新省エネニュース

掲載日:2018/04/05

日本ではなぜ再エネの普及が進まないのか?

日本ではなぜ再エネの普及が進まないのか?

「ドイツが再エネに舵を切った」とか「中国でも太陽光パネルがたくさん設置されている」なんてニュースを最近見かけるようになりましたね。
世界では再エネが主な電源へとシフトしていっています。
しかし日本ではまだ主力とまではいかず、再エネが電源構成全体に占める割合は15.3%ほどに留まっています。

再エネ導入が進んでいない理由

日本が海外に比べて再エネの導入が進んでいない理由として、他の電源よりも発電コストが高いという問題があります。
世界には、自然の条件に恵まれていて多くの電気が発電できることや、機器の調達や工事を効率的に行うことができる等の理由から再エネの発電コストを安く抑えている国もあります。

また太陽光では日照時間も大きく関係してきますが、平野が他国と比べて少ないといった日本の地理的問題もあるようです。

出力コントロールが大きな課題

コスト以外でも日本は島国という特徴から他の国と比べても天候に左右されることが多いため発電量の予測が難しいといった問題もあります。

国同士が陸続きの場合は発電量を分け合えることができるため天候等の要因で発電できなかった場合でも近隣国との間で調整することが可能なのです。

このような方法をとることができないため、どのような方法で再エネの出力をコントロールするのかが大きな課題となっています。

記事一覧へ戻る

無料で使用状況を診断

調査依頼メールフォーム

電話でのお申し込み

無料調査で事前に効果をしっかり説明いたします!

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL