【必見】スマートメーターとアナログメーターの違いをカンタン解説

最新省エネ事情

最新省エネニュース

掲載日:2020/05/28

【必見】スマートメーターとアナログメーターの違いをカンタン解説

【必見】スマートメーターとアナログメーターの違いをカンタン解説

「スマートメーターってなに?」
「なんかかっこいい名前だけど、従来のメーターと何が違うの?」

こういった疑問にお答えします。

現在スマートメーターの普及が進んでおり、スマートメーターという名前はなんとなく聞いたことあると思った方も多いかと思います。

今回はスマートメーターとアナログメーターの違いについて深堀りして解説します。

スマートメーターとアナログメーターの違いとは

従来のアナログメーターでは、月1回の検針員による検針にて、電力使用量から電気料金を算出していました。
スマートメーターに切り替える事で、30分に一度リアルタイムの電力使用量データをデジタルで遠隔計測できるため自動検針が可能になりました。
要するにスマートメーターで「電力使用量の見える化」が実現できる!という事なんです。


例えば…
従来のアナログメーターでは、 月1回の検針で算出された電気使用量の請求書(検針票)をみて、「今月も電気代高いな~」と感じても、いつ、どのくらい電気を使用しているのかを把握することはできませんでした。
スマートメーターでは、遠隔計測された30分毎の電気使用量データを見ることができるので今まで以上に工夫して効果的な節電をすることが可能になります。

その為…
①節電を意識した生活にシフトすることができる。
②ドライヤー等を使用した時間の消費電力量と電気代をチェックすることで、どの電化製品の消費電力量が多いのかを把握することができる。
といった省エネ・節電に繋がるメリットがあります。

スマートメーターの設置は国策です

スマートメーターは、国策として2020年代早期に全世帯・事業所に導入する目標が掲げられています。
設置に関しては全国の10電力(東電や中電、関電など)が責任を持って設置することになっており、(設置されるスマートメーターは10電力会社の持ち物)設置費用は無料、ガス工事のような立会も不要です。

ただ、「まだ自分の使用場所はスマートメーターに変わってない!やばい!」といって焦る必要はありません。
新電力に変えるタイミングや、電力会社が変えてくれるタイミングまで待っても何も問題はないので安心してください。

今回はスマートメーターとアナログメーターの違いについて解説しました。
デジタル化が進み、今までとは比べ物にならないくらい便利な時代がこれから始まっていきます。
スマートメーターの利点をしっかりと把握し、省エネ・節電に取り組んでいきましょう。

記事一覧へ戻る

無料で使用状況を診断

調査依頼メールフォーム

電話でのお申し込み

無料調査で事前に効果をしっかり説明いたします!

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL