安定器は交換必要?放っておくと危険かも【発火の可能性あり】

最新省エネ事情

電気の豆知識or電気の基礎知識

掲載日:2020/08/28

安定器は交換必要?放っておくと危険かも【発火の可能性あり】

安定器は交換必要?放っておくと危険かも【発火の可能性あり】

「安定器ってなに?交換必要なの?」
「何十年も交換してないけど不具合はないので大丈夫」
こう思っている方も多いのではないでしょうか。

日本照明工業会によると、安定器の交換の目安は約10年とされています。

でもなんだかんだ使えるし、蛍光灯が切れたら交換することはあっても安定器を交換する人ってあまりいないですよね。
耐用年数の限りがあるのに、気付かない、見過ごしてる方が多いんですね。

実は10年過ぎた照明器具は、外観では判断できない劣化が進んでいます。

ではどうしたらいいのでしょうか?

今回は安定器の役割や、交換が必要な理由を解説します。

この記事を参考にぜひ照明器具について見直してみてください。

安定器とは?

安定器とは照明器具のカバーを開けると中に入っている弁当箱みたいな、あれです。

その名の通り、電流を安定させる装置で蛍光灯を点けるのに必要なものです。
要するに安定器がないと蛍光灯が点かないんですね。

安定器にも寿命があり、冒頭にも説明しましたが安定器の耐用年数は約10年と言われています。
ちなみに照明器具本体も10-15年ぐらいが寿命とされています。

そして、安定器にも種類があり、私たちが気を付けないといけないのはPCB安定器です。
PCBとは、ポリ塩化ビフェニルと呼ばれている化学物質で、昭和32年1月から昭和47年8月までに製造された安定器に使用されています。

簡単に言うと人体にも影響を与える有害物質です。

このPCBが使用されている機器は定められている期限までに処分しなければいけません。
詳しくは環境省のページをご覧ください。
環境省:PCBとは?なぜ処分が必要か?

安定器の交換が必要な理由

器具内の安定器が絶縁劣化により、漏電したり、発火事故を起こす可能性があるからです。

想像すると怖いですね。

仮に店舗や飲食店で営業時間中に発火事故が起きてしまったら、お客様に危険が及んだり、
口コミで事故のことが広まってお店の評判が落ちてしまうかもしれないですよね。

安定器は約10年で交換したほうが良いと言われていますが、下記のような現象が出ていたら
交換を検討してください。

・音が鳴っている
・蛍光灯が切れやすい

蛍光灯器具から「ブーーーーン」という音が鳴っていたり、新しい蛍光灯を付けてもなぜか長く持たないときは安定器が寿命の可能性があります。

大事になる前に点検・交換、もしくはLEDに変更していきましょう。

今回は安定器について解説しました。

長期間使用している安定器は見えないところで劣化が進んでおり、思わぬ事故に繋がってからでは遅いです。

特に店舗や飲食店は気を付けなければいけません。

長く使用している場合は一度点検をしてみて下さい。

そして、安定器交換のタイミングでLEDに変更してしまった方が省エネ・節電に繋がります。

当サイトでもLEDについて紹介しているのでそちらもご覧ください。
LED照明のページを見る

記事一覧へ戻る

無料で使用状況を診断

調査依頼メールフォーム

電話でのお申し込み

無料調査で事前に効果をしっかり説明いたします!

まずは無料で電力診断!

電力削減の種類

高圧電力が対象

低圧電力が対象

すべてに対応

私たちはクライアント様の利用状況やお悩みに合わせて最適なサービスをご提供いたします。

電カ診断士のご紹介

資料ダウンロード

用語集

よくある質問

施工業者様募集

キャンペーン一覧

私たちからのお約束

調査とご説明を徹底!
ご要望を入念にうかがいます
成果が出なければ費用は頂
   きません!

エネとくNAVI公式Twitter

プライバシーマーク RapidSSL